ぱーふぇくとでいず

ぜんぜんパーフェクトじゃない日々

sony α6000と望遠ズームレンズで野鳥を撮影してきた話

筆者がsony α6000を手にしてから1年が経過しました。

今まではずっと風景や街並みがメインだったのですが、ここにきて初めて生き物をメインで撮影してみました。

使用したレンズは同梱のキットレンズ「E 55-210mm F4.5-6.3 OSSのみ!
望遠ズーム縛り!

※写真を5枚掲載しています





埼玉県にあるキャンベルタウン野鳥の森

向かった場所は埼玉県越谷市にあるキャンベルタウン野鳥の森。
キャンベルタウン野鳥の森は1995年9月に越谷市とオーストラリアのキャンベルタウン市の姉妹都市提携10周年を記念して、キャンベルタウン市から贈られた野鳥などを飼育してオーストラリアの自然を理解することを願って建設された施設です。

つまりここにいる野鳥はほぼ(99%)オーストラリアに生息するものなのです。





実際にα6000で撮った写真

f:id:dizionario:20180619204034j:plain
ワライカセミ



f:id:dizionario:20180619204055j:plain
キンショウジョウインコ



f:id:dizionario:20180619204110j:plain
キンカチョウ



f:id:dizionario:20180619204122j:plain
ウスユキバト



f:id:dizionario:20180619204134j:plain
ミカヅキインコ




まだまだいる野鳥たち

可愛すぎませんか??
実は他にもまだたくさん居るんですが筆者の撮影センスが悪すぎてまともに撮れているのはこの数枚....(興奮しすぎてめちゃくちゃブレてる
全部で14頭の野鳥+α(ワラビーとか)がいます。

ちなみに「ここにいる野鳥はほぼ(99%)オーストラリアに生息するもの」と上記しましたが残りの1%は越谷市のマスコットキャラクターコバトンの元となったシラコバトが居ます。
f:id:dizionario:20180619210040j:plain



α6000で望遠ズーム縛りをした感想

今まで風景や街並みを取る時は「SEL1018広角ズーム」をメインに使ってたんですが、今回は少々使いづらいと思って敬遠していた望遠ズーム。

けど使ってみると意外や意外...って程でもないですが、遠くの動物や物を撮るのにはとても適したレンズだなぁと感じました。
通常のレンズなんかではここまでアップで撮れませんからね。さすが望遠ズーム(べた褒め)

今回の件で生き物の撮影が本当に楽しく感じたので、また撮りに行きたいなと思っています。




↓登山やカメラ関連の記事になります、よろしければご覧ください↓

www.p-days.com

www.p-days.com

www.p-days.com

www.p-days.com

www.p-days.com

www.p-days.com

www.p-days.com