ぱーふぇくとでいず

全然パーフェクトじゃない日々

いまさらグラブルにハマる

f:id:dizionario:20191130154438j:plain

こんにちは、Pです!
タイトルの通りいまさらスマホアプリ「グランブルーファンタジー(通称グラブル)」にハマってます。(パソコンからもできる)


何がいまさらって、2019年でリリース5年目にもなるゲームなんです。
それをいまさらやってどうなの?先駆者に追いつけるの?ってゲーム好きな方なら結構気になると思うんですが、グラブルは99%くらい関係ありませんでした。


基本無料ですし超気楽にやってるんですがばっちりハマりました、ありがとうございます。


ちなみにわたくし、グラブルリリース当時から存在は知っていましたが、ゲームシステムやUIが古すぎて当時は食わず嫌いしていました。(モバゲーを彷彿とさせる)
それなのになんで。。

 

 

筆者のグラブル歴

最初に謝っておきます。すみませんでした(?) 


わたしがグラブルを始めたのは2019年8月からの完全な新参者です。
2019/11月現在のんびりやってランク103、メインがベルセルクになったばかりのペーペーです。
そんな筆者が偉そうに語ります。すみませんでした。

  

 

グラブルの魅力

プレイ歴3ヶ月くらいの筆者がプレイする前に感じたこととかプレイした後に感じたこととかを綴ります。ベテラン騎空士さんが見てたら暖かい目で見守るだけにしてください。死んでしまいます。

 

ストーリーが想像以上に面白い

グラブルを始めて一番最初に感じたことがコレ。ストーリーの完成度が高い。(本章を指す)
本章確認しようとしたらガチャ引いてた。。(ガチャが更新された)
筆者はまだ70章までしか進んでいませんがここまでフルボイス。
喜怒哀楽の感情移入できるのはもちろん、敵だったキャラクターと後に共闘して強大な敵を討つ!みたいな胸アツ展開もあって、本当に冒険物小説を純粋に楽しんでいる気持ちが大きい。

会話のテンポもサクサク進んでストレスフリーなのもGood!


昔なつかしい厨二だった頃の記憶がくすぐられます。

キャラ絵がかっこいい・可愛い

f:id:dizionario:20191130155334j:plain
f:id:dizionario:20191130154735j:plain

バトルシーンなどは可愛くデフォルメされた絵、キャラクター詳細を見れば美男美女の絵になります。
リリース当初と現在ではだいぶ感じが変わりましたが、リリース当初の絵が「ファイナルファンタジータクティクス」っぽいとかなり言われており、あの絵が好きな方ならかなり満足だと思います。


気になってイラストレーターについて調べてみました。
FFTキャラ絵を手掛けたのが吉田明彦氏、初期グラブル絵を手掛けたのが皆葉英夫氏。
おふたりとも元はスクエニ出身のイラストレーターで、同じ時代に同系統のイラストを描く二人が一緒に仕事をしていたということもあって、お互いの影響を受けた感じになっていたんですね。

 

自由度が高い(高すぎる)

本章を読み進めるもよし、サイドストーリーを読み進めるもよし、好きなキャラを育てるもよし、アイテム収集するもよし、マルチバトルにいそしむもよし。
自由度がだいぶ高めで、何から手をつければいいのかわからないくらい。
グラブル各々違った楽しみ方ができるゲームだと思います。

 

昔のMMORPGにも似た感覚

筆者は若い頃「Ragnarok Online」「The Tower Of AION」「FF14」など、いわゆるネトゲにハマっていたんですが、このグラブルはそんなネトゲスキーの心を満たしてくれるものがある気がします。
まあ..グラブル製作者達がFF11(ネトゲ)プレイヤーで、自分達でそんなゲームを作りたいって作ったのがグラブルらしいので、当然ちゃあ当然かもしれませんが。でもさすが、よくわかってらっしゃいます。

 

積み重ねが結果にめっちゃでる

ゲームを始めたばかりの頃、めちゃめちゃ強敵で体力の1/4も削れなかった相手がいました。
勝つためにキャラクターを強くして、課金せずに強力な武器を揃えたり、スキルを使う順番を考えたり、相手の行動を見て対応したり。
そういう繰り返しをした結果、勝てなかった敵に勝った時の感動が半端じゃなかった。
もうなんかダメージ数値とかが最初の頃の10倍とか出せるようになってて「マジかあ」とかつぶやいちゃうんですよ。気持ち悪い。

でもそういう感動がゲームでも味わえるのっていいですよね。

 

他プレイヤーとの協力戦も多数ある

ひとりで進めることもできますが、もちろん他プレイヤーと協力してボスを倒すシステムもあります。
ボス毎に決められたルールがあるちょいムズなものから、アイテム収集やイベントクリアを目的にしたお気軽周回などなど。


また、グラブルでは「騎空団」といって、他のゲームで言うところのギルドや旅団、サークルなどのシステムもあり、団員メンバーと共にイベントモンスターを倒して騎空団のランキングを競うものもあったりします。

 

まとめ:割と面白い

リリース当初はモバゲーみたいな古臭さがあり「なんでいまさらこんな...」と思っていて、一瞬プレイしたこともありましたが案の定一瞬で辞めました。

それから5年が経って知人に勧められたこともあり渋々やってみたら、アラ不思議!割と面白い。
古臭さは正直あまり変わっていませんが、でもこれがグラブルの良さなのかもしれません。まじめにプレイしてみたら特に操作に不便もないし、ほんと食わず嫌いはめんどくさいなって(?)


自分のペースで十分に楽しめるところもポイントですね。毎日やるべきことも当然ありますが、まずは好きにやってみて楽しむことが一番なんじゃないかと思います。
ガチャ石の配布も多いので年末年始のガチャ目当てにこれから始めて見てはいかがでしょう。