ぱーふぇくとでいず

全然パーフェクトじゃない日々

/* 階層カテゴリ */ /* 階層カテゴリここまで */

コロナウィルスを家に持ち込まないように気をつけていること

f:id:dizionario:20190211154732j:plain

こんにちは、Pです!

 

新型コロナウィルスの影響で緊急事態宣言が発令されました。

そんな状況下でも筆者は東京にやむを得ず出社しなくてはなりません。

 

本当は出社したくなくてもせざるを得ない人達はたくさんいらっしゃるかと思います。

自分の身を守るのはもちろんですが、自分が原因で家族が感染することは絶対に避けたいですよね。

 

そういった状況で、いかに家庭にコロナウィルスを持ち込まないようにするかを筆者なりに考え、日々実践しているので参考にできそうな部分はぜひ参考にしてみてください。

 

 

家に入る前に衣類・鞄・マスクを外ではたく

f:id:dizionario:20190131132206j:plain

筆者は通勤に電車を利用し、職場は広いフロアに社員が本来100人以上密集するような企業に勤めています。

駅や職場で不特定多数の人間とすれ違っているため、少なからずウィルス菌を保有しているものの健康な「健康保菌者」の影響を受けていると思います。(自分も健康保菌者の可能性はある)

そのような環境の中で着ていたスーツや持っていた鞄は、自分の中で「感染源になってしまうのでは?」と考えています。

 

なので家に入る前にスーツは脱いではたきます。マスクや鞄も同様。ズボンやシャツも外で安全に脱げるスペースがあるので全て外で脱いではたいてしまいます。

(参考にする際は変質者に思われないようにご注意ください)

 

 

帰宅したらすぐに手洗い・うがい

帰宅したら誰とも会話せず極力どこにも触らずに、まずは手洗い・うがいを済ませます。

個人的にはうがいは6回、手洗いは手首指先も含めた洗い方を15秒、2回しています。

(衛生管理が厳しいとある飲食業界で学んだ手洗い方法であり、菌数を減らすには長時間洗うよりも短い時間で2回以上洗う方が効果的です)

 

 

手で触れていたところを除菌(スマホや定期ケース・財布、ドアノブ等)

スマホや定期入れや財布、帰宅時に最低限触れてしまうところ(玄関のドアや自室のドアノブ等)を除菌ペーパーで拭き取ります。

除菌ペーパーがない場合はアルコールスプレーをティッシュ等に含ませて拭いても良いと思われます。

 

 

すぐにお風呂へ向かう

髪の毛や眉毛など体毛にウィルスが付着している可能性もあるため、帰宅して上記のことが済んだらすぐにお風呂へ向かっています。

うろつくだけでも菌が飛散するので、くつろぐ前に風呂で落としてしまいます。

 

 

コロナウィルスを家に持ち込まない方法のまとめ

f:id:dizionario:20190131130819j:plain

  1. 外から家に入る前に着衣と荷物をはたく
  2. すぐに手洗いとうがいをする
  3. 触れてしまった場所や物を除菌する(スマホ・定期入れ等)
  4. すぐにお風呂に入ってキレイにする

 

筆者はこれらのことをコロナウィルスが武漢で流行し始めた頃からやっています。

(当時は勤務が秋葉原で外国観光客もまだ多かった為早期に警戒していた)

おかげで家にいる高齢の親には今の所コロナウィルスの症状は見られません。

 

自粛要請が出ているものの、やむを得ず出社を余儀なくされている方は依然多くいらっしゃると思いますが、悲観的に考えるだけではなく、まずは出来ることからやって、自分の身と家族の身を守りましょう!

とても大変な時期ですが、健康で無事に乗り切れるよう皆さんで頑張っていきましょう。